最近のアクセス:
XMLWriter データタイプ

XML ファイルまたは XML の文字列を記録します。 

説明

XML ファイルまたは XML の文字列を GeneXus オブジェクトから作成できるようにするには、XmlWriter データタイプの変数を定義し、XML ファイルまたは XML の文字列を構成するノードを作成するのに必要なメソッドを呼び出す必要があります。

プロパティ

ErrCode
ErrDescription
Indentation
IndentChar
ResultingString

メソッド

Close WriteDocType
Open WriteDocTypePublic
OpenToString WriteDocTypeSystem
OpenRequest WriteNSElement
OpenResponse WriteNSStartElement  
WriteAttribute WriteProcessingInstruction
WriteCData WriteRawText
WriteComment   WriteStartElement 
WriteElement WriteStartDocument 
WriteEndElement WriteText
WriteEntityReference  

次のプロシージャーは、MEETING.xml というファイルを生成します。このファイルには、会議の出席者 (MEMBERS) とそのタスク (TASKS) のデータを含みます。 
For Each
    &XMLWriter.Open('MEETING.xml')
    &XMLWriter.WriteStartDocument()
    &XMLWriter.WriteStartElement('MEETING')
    &XMLWriter.WriteAttribute('Date', DToC(ReuFch))
    &XMLWriter.WriteElement('DATE', DToC(ReuFch))
    &XMLWriter.WriteComment('Meeting Description')    
    &XMLWriter.WriteCData(ReuDsc)
    &XMLWriter.WriteStartElement('メンバー')
    For Each
        &XMLWriter.WriteElement('MEMBER',ReuPerNom)
    Endfor
    &XMLWriter.WriteEndElement()   
    &XMLWriter.WriteStartElement('TASKS')
    For Each
        &XMLWriter.WriteStartElement('TASK')
        &XMLWriter.WriteElement('PERSON_IN_CHARGE',ReuTarPerNom)
        &XMLWriter.WriteCData(ReuTarDsc)
        &XMLWriter.WriteEndElement()
    EndFor
    &XMLWriter.WriteEndElement() 
    &XMLWriter.WriteEndElement()    
    &XMLWriter.Close()
Endfor

MEETING.xml ファイルには次が含まれます:

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<MEETING Date="2001/06/03">
 <DATE>2001/06/03</DATE>
<!—会議の説明-->
<! [ CDATA [ アプリケーション開発チーム会議。
金曜日の午前 9 時 30 分に実施。 ] ] >
<MEMBERS>
 <MEMBER>Peter</MEMBER>
 <MEMBER>Laura</MEMBER>
 <MEMBER>John</MEMBER>
 <MEMBER>Diana</MEMBER>
 </MEMBERS>
<TASKS>
<TASK>
 <PERSON_IN_CHARGE>Peter</PERSON_IN_CHARGE>
<! [ CDATA [ アプリケーションのドキュメントを作成する ] ] >
 </TASK>
<TASK>
 <PERSON_IN_CHARGE>Diana</PERSON_IN_CHARGE>
<! [ CDATA [ クライアントとの打ち合わせ ] ] >
 </TASK>
<TASK>
 <PERSON_IN_CHARGE>Laura</PERSON_IN_CHARGE>
<! [ CDATA [ ユーザーマニュアルを作成する ] ] >
 </TASK>
<TASK>
 <PERSON_IN_CHARGE>John</PERSON_IN_CHARGE>
<! [ CDATA [ 仕様書 ] ] >
 </TASK>
 </TASKS>
 </MEETING>

セキュリティのヒント

プロパティまたはメソッドを使用してファイルのパス (または URL) を割り当てる場合は、パスのトラバースや改ざんによる脆弱性リスクを避けるため、ユーザーの入力 (エントリー) を連結したりサニタイズしたりしないでください。

適用範囲

オブジェクト: ProcedureTransactionWeb Panel
言語: .NET、Java、Ruby (GeneXus X Evolution 3 まで)、Visual FoxPro (GeneXus X Evolution 3 まで)

参考情報

XMLReader
 






サブページ
Created: 14/09/18 03:20 by Admin Last update: 20/06/08 00:54 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0