最近のアクセス:
GXtest v4 のライセンス

ライセンスモデル

GXtest v4 では、ユニットテストと UI テストを自動化することができます。
  • GeneXus 16 IDE にはユニットテストおよび UI テストの機能が含まれており、開発者 1人が無料で使用することができます。
  • GXtest Recorder は、Google ウェブストアからダウンロードする形で一般にも公開されています (Google Chrome ブラウザーが必要)。
協同作業 (GeneXus Server に対するテストケースのコミット/更新) を行ったり、テストケースを CI/CD スキーム (Jenkins など) で実行したりする場合は、ライセンス版を使用する必要があります。 
GXtest v4 のライセンスは、GeneXus Server でオーソライズする必要があります。
次の表では、GXtest v4 のライセンスが必要である主な機能を示しています。「無料」と記載されている機能はすべて、開発者 1人が GeneXus IDE のローカルで無料で使用することができます
 
機能
ライセンス
ユニットテスト
 
 
ユニットテストの作成
無料
GeneXus IDE でユニットテストを実行
無料
テストカバレッジ
無料
データベースのモッキング
ライセンス版
UI テストの自動化  
 
 
 
Google Chrome を使用したテストの記録
無料 
Chrome Extension を使用したテストの実行
無料 
ナレッジベースでの UI テストの作成、各種ブラウザーでの実行
無料
モバイル UI テストの作成および実行
無料
全般  
 
 
テストの自動実行 (CI/CD)
ライセンス版
GXserver に対するテストのコミット/更新
ライセンス版
テストのインポート/エクスポート
ライセンス版
Jenkins との連携
ライセンス版
テストスイート Test Suite オブジェクトの作成および実行 無料

ライセンスキーの請求

注: 以下の説明は、GeneXus Server のオンプレミスインストールの管理者向けです。GeneXus Server の SaaS オプションのいずれかを使用する場合は、サブスクリプションに GXtest を追加するだけで済みます。利用可能なプランや GXtest をサービスに追加する方法についての詳細は、販売店にお問い合わせください。
GeneXus Server コンソールで、左側にあるメニューから [ ライセンス ] オプションを選択します。
イメージ:45606.png
GeneXus Server ライセンスがオーソライズ済みであることを確認してください。
イメージ:44631.png
それから、「Request License」ボタンをクリックし、GXtest のライセンスプランを選択します (GeneXus Server のライセンスプランと同じである必要があります)。
イメージ:44630.png
Online」ボタンをクリックすると開く Web ページで、お持ちの GeneXus Account でログインし、ライセンスの請求を完了させ、ライセンスキーを取得します。 
インターネット接続がない場合、またはお使いの GeneXus Account のライセンスサーバーへの接続に問題がある場合は、代わりに「Offline」ボタンを使用できます。これにより、.gxa ファイルがダウンロードされます。このファイルを E メールでディストリビューターに送信し、ライセンスキーを要求します。

オーソライズ

ライセンスキーを取得したら、「Enter License」オプションを使用し、「Authorize」オプションを選択して入力する必要があります。
イメージ:48073.png
また、「Upload Files」オプションも使用できます。 

アンインストール

インストール済みのライセンスをアンインストールする場合は、「Uninstall」オプションを使用します。
イメージ:44632.png
このオプションを選択すると、次の確認ダイアログが表示されます:
イメージ:48074.png
 

Created: 19/08/09 02:01 by Admin Last update: 21/12/23 23:49 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0