最近のアクセス:
ServerDate 関数

すべてのクライアントに共通する統合ソースから日付を返します。

構文

ServerDate()
戻されるタイプ
Date

説明

Today 関数は、コード実行場所の日付を戻します。「クライアント」(Windows クライアントサーバー、Web、またはスマート デバイス アプリケーション) と「サーバー」(データベースまたはアプリケーションサーバー) のある環境では、いずれかの場所でコードが実行されます。この際、すべてのクライアントが同期されていない場合、日付の値が正しい順序で取得できなくなります。
ServerDate 関数は、常に一定のソースの日付を戻すことで、この問題を解決します。通常は DBMS がソースになりますが (DBMS を実行しているサーバーの日付が戻される)、実装によっては Web アプリケーションサーバーがソースになることもあります。

[ Connectivity Support ] を [ Offline ] にした状態でスマートデバイスのパネルでこの関数を使用すると、次の警告が表示されます。
warning: spc0210: 'ServerDate()' not supported, using 'Date()' function instead.

適用範囲

オブジェクト: Procedure オブジェクトTransaction オブジェクトWeb Panel オブジェクト
言語: .NET、Java、Ruby (GeneXus X Evolution 3 まで)、Visual FoxPro (GeneXus X Evolution 3 まで)

参考情報

タイムゾーンのサポート - 全般的な注意事項
ServerNow 関数
ServerTime 関数
Sysdate 関数
Systime 関数
Today 関数
GxRemove 変数








サブページ
Created: 14/09/18 03:45 by Admin Last update: 21/05/20 04:40 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0