最近のアクセス:
GeneXus 16 Upgrade 3
ここでは、GeneXus 16 Upgrade 3 の機能の概要と使用上の注意について、GeneXus 16 Upgrade 2 との相違点を基に説明します。
Upgrade 3 は 2019年 4月 16日にリリースされました。

ダウンロード

https://www.genexus.com/developers/DownloadCenter?,,,5680

概要

GeneXus でソフトウェアを開発する地域によっては、このアップグレードが待望のアップグレードになる場合があります。GeneXus で RTL 言語がサポートされ、RTL 言語のアプリケーション開発の準備が進んでいます。
このページには、RTL のほか、主要な機能の変更点と改善点のリストを記載しています。

Web

スマートデバイス

  • Services URL を実行時に変更できるようになりました。
  • Map コントロールと Image Map コントロールを改善しました。

セキュリティ

Artificial Intelligence (AI)

  • AI の新プロバイダーとして Baidu をサポートするようになりました。
  • 詳細については、「GeneXus AI リリースノート」を参照してください。

言語の改善点

  • Dashboard オブジェクトでパラメーターの受け取りをサポートするようになりました。GeneXus Server を更新して同じアップグレードにすることをお勧めします。互換性のセクションを参照してください。
  • スマートデバイスのユーザーイベントで For in をサポートするようになりました。

IDE

  • ビルドのパフォーマンスを改善しました。
  • メモリの消費を改善しました。
  • RTL 言語をサポートするようになりました。

互換性

  • GXtest のライセンスを必要とする操作を実行する際に、GXtest のコンポーネントが適切な GXtest ライセンスの有無を確認するようになりました。詳細については、GeneXus の販売代理店にお問い合わせください。詳細については、「GXtest v4 のライセンス」を参照してください。
  • .NET ジェネレーターで生成されるアプリケーションで、Framework 4.6.1 が必要になりました。
  • Android アプリの場合は、OS バージョン 4.1.4 以上が必要です。詳細については、「Android 要件」を参照してください。
    重要: [ App Transport Security ] プロパティグループが設定されていることを確認してください (SAC# 45524)。
Dashboard オブジェクト
Upgrade #2 以前のバージョンで作成されたダッシュボードを現行の Upgrade 3 で開くと、次のプロパティに設定された値が変換されます:
  • Title
  • RefreshPeriod
  • FiltersPosition
  • MainTableLayout
しかし、何らかの理由により、Upgrade 3 で作成したダッシュボードのインスタンスを以前のバージョンで開くと、これらのプロパティで設定された値は失われます。この現象は、次のような状況で発生します:
  • GeneXus を以前のバージョンに変更した場合
  • 以前のバージョンを使用してエクスポートとインポートをした場合
  • 以前のバージョンの GeneXus Server にコミットした場合

すべての詳細 (機能、互換性、問題)

以下のリンクから既に説明した機能、互換性の側面、問題、および詳細を確認してください。 


サブページ
Created: 19/08/08 23:46 by Admin Last update: 20/01/19 17:51 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0