最近のアクセス:
REST Web サービス
Web サービスを使用すると、異なる言語で記述されたプログラムや、異なるプラットフォームで実行しているプログラムを、規格に沿って相互に通信できるようになります。たとえば、HTTP トラフィックの最適化に特に重点を置いたアプリケーションで提供されているリソースにアクセスしたい場合があります (クライアントがモバイルデバイスの場合は重要です)。
REST は Web サービスの設計スタイルの 1 つで、シンプルなパラダイムと「リソースの保存」を基に相互運用性を確保します。
GeneXus では、REST ソリューションをアプリケーションに簡単に組み込むことができます。
基本的な目的は、標準形式 (XML、JSON) の出力で、Web 上にアプリケーションデータ、つまり「リソース」やエンティティを公開し、任意のプラットフォームやフレームワーク、あるいは HTTP クライアント上で実行するプログラムで解釈できるようにすることです。
イメージ:14525.png

相互運用性問題に対する SOAP ソリューション: REST

WS * などの Web サービスの作成を目的とした HTTP には、いくつかのプロトコルと規格がビルドされています。SOAP は、分散環境で情報を交換するための軽量のプロトコルです。データは XML プロトコルで表現されます。SOAP メッセージは XML ドキュメントで、必須の SOAP 封筒、オプションのヘッダー、必須の本文で構成されます。同じ問題に対するもう 1 つのソリューションが REST です。
REST サービスの呼び出しの例を次に示します。この例では、HTTP ヘッダーの呼び出し (HTTP GET) と本文の応答 (回答が含まれた JSON) を確認できます。回答は製品リストで、各製品には製品の詳細にアクセスするための URL が含まれています。この応答の特徴は、コンパクトで軽量であることです。
イメージ:14526.png
イメージ:14527.png

REST とは

Representational State Transfer の頭文字をとった REST は、分散環境のソフトウェアのアーキテクチャスタイルです。プロトコルではありません。
REST はリソース指向モデルです。各 URL はオブジェクトつまりリソースの表現であるということを意味しています。各リソースは URL によって表現されます。HTTP GET メソッドでリソースの GET 操作を行い、HTTP PUT メソッドでリソースを変更し、HTTP POST で新しい表現を作成し、HTTP DELETE メソッドでメソッドを削除できます (つまり、リソースにアクセスするための一定のインターフェースがあります)。
したがって、各リソースには XML、JSON など、取り得る表現があります。
REST には一連のルールや制限があります。REST のサポーターは、Web はいくつかの主要な基本設計によって拡張してきたと言います。サポーターはこれらの基盤に基づいて、REST アーキテクチャに対応すべき原則や制約を作成しました。






サブページ
Created: 14/09/18 03:08 by Admin Last update: 19/03/26 23:06 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0