最近のアクセス:
GXtest の変更点

GeneXus 17 の各アップグレードにおける GXtest の主な変更点を示します。

GXtest Beta

日付: ナイトリービルド
バージョン: 4.17.3.X
リリース: GeneXus 17 - ベータチャネル
イメージ:40856.png ダウンロード
新機能
  • 進行中: REST オブジェクトのユニットテストの作成
バグの修正:
GeneXus 17 Upgrade 2 の GXtest
日付: 2021 年 2 月 24 日
バージョン: 4.17.2.15187
リリース: GeneXus 17 Upgrade 2
イメージ:40856.png ダウンロード
新機能 バグの修正
  • CUTFO 機能で生成されるマイナスの値が間違っていました (最小値よりも低くなっていました)。
  • Edge Chromium で Java 環境の Web UI テスト実行がサポートされるようになりました。
  • テスト実行時に複数の警告があった場合、警告コマンドが正しく機能しませんでした。

GeneXus 17 Upgrade 1 の GXtest

日付: 2020 年 12 月 18 日
バージョン: 4.17.1.14061
リリース: GeneXus 17 Upgrade 1
イメージ:40856.png ダウンロード
新機能
  • テーブルで使用できる、コントロール名によるコマンドが追加されました: GXtest UI Commands by control name in grids
  • Web ページに表示されるメッセージやエラービューアを取得する GetMessages コマンドが追加されました。
  • コントロール名によるコマンド DoubleClick が追加されました。
  • SendKeys コマンドと KeysBy コマンドを使用したキーストロークの組み合わせがサポートされるようになりました。区切り文字は | です。
  • アサーション比較機能の差分コントロールが変更されました。
バグの修正
  • テストがモジュール内にある場合に [ テスト結果 ] ウィンドウに表示される Android の結果が修正されました。
  • JSON 実行ファイルに ScreenshotMode、HtmlMode があるか、Browser が定義されていない場合、RunTestsList MSBuild タスクでナレッジベースプロパティが使用されませんでした。
  • テスト実行が誤って成功と見なされる場合がありました。
  • [ テスト結果 ] ウィンドウの [ 結果を消去 ] ボタンが想定どおりに機能していませんでした (すべての結果を消去するにはクリックが 2 回必要でした)。

GeneXus 17 の GXtest

日付: 2020 年 10 月 20 日
バージョン: 4.17.0.13122
リリース: GeneXus 17
イメージ:40856.png ダウンロード
新機能
  • 新しいコントロール名によるコマンドが利用可能になりました。
  • 新たに Edge ブラウザーのサポートが追加されました (.NET 環境と .NET Core 環境のみ)。
  • テストの Web 環境に新しいプロパティが追加されました: スクリーンショットモードと HTML モードです。
  • 新しいコマンドが追加されました: SetWindowSize
  • テストオブジェクトの名前と説明が変更されました。
  • Android のテスト結果が [ テスト結果 ] ウィンドウに表示されるようになりました。
  • コマンドが失敗した場合にページの HTML が保存されるようになりました。
  • テスト実行用 MSBuild タスクが改善されました。
  • GX IDE からテストを実行した後、最初のテストが自動的に選択され、コマンドやアサーションの詳細が表示されるようになりました。
バグの修正
  • .NET Core 環境で、Firefox で実行する Web UI テストが遅くなる問題が修正されました。
  • SwitchFrame コマンドのフレーム検出が改善されました。
  • ブール値を指定した AddCapability コマンドが機能しない問題が修正されました。
  • Edge の下位互換性の問題が修正されました。
  • Firefox での ClickBy コマンドが修正されました。
  • SwitchWindow コマンドと CloseWindows コマンドが修正されました。
  • コマンド失敗を回避するため、再試行のメカニズムが追加されました。
  • JSON ファイルから Date タイプと DateTime タイプを読み取る際のモッキングが修正されました。
  • 環境のビルド前にテストを実行した場合のエラーが修正されました。




サブページ
Created: 20/01/10 00:34 by Admin Last update: 21/05/20 18:13 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0