最近のアクセス:
アプリケーションリリースごとのバージョン定義
アプリケーションリリースごとのバージョン定義は、GeneXus Server を使用したバージョン管理と作業方法のシナリオの 1 つです。
バージョンの定義は、単にアプリケーションのリリースを管理するために、また個別のバージョンを管理するために行います。この方法では、すべての開発作業が 1 つのバージョン (トランク) で行われ、バージョンはリリースごとに定義されます。 
アプリケーションの開発はトランク内で開始されます。トランクとはナレッジベースを使用して作成されるバージョンで、アプリケーション開発のほとんどがここで行われます (図では General という名前になっています)。 
作業を開始するには、GeneXus で新しいナレッジベースを作成するか、既存のナレッジベースを使用します。
イメージ:34515.png

作業方法 

最初に、GeneXus Server にナレッジベースを送信し、GeneXus Server 内で対象のナレッジベースを公開します。
対象のバージョンで直接作業する場合、開発チームの他のメンバーは、トランクに接続して [ GeneXus Server からナレッジベースを作成 ] オプションを使用して作業用のコピーを取得します。
これにより、GeneXus Server へのコミットおよび GeneXus Server からのナレッジベースの更新の操作を通じて、GeneXus Server に変更内容を送信したり、チーム内の他のメンバーが加えた変更内容を取得したりできます。
これを行うには、GeneXus Server のマージモードまたは GeneXus Server のロックモードを使用します。
次の図は、開発者による GeneXus Server の操作を示しています。
イメージ:34516.png

最初のバージョンのリリース

開発段階が完了したら、バージョン 1.0 がリリースされます。この時点で、クライアントにインストールされるパックが生成されるため、テストを開始できます。
このとき、変更を加える必要が生じた場合に備えて、クライアントに渡したバージョンと同じものを保存しておくため、開発バージョンをフリーズする必要があります。Frozen バージョンは読み取り専用のバージョンであり、変更できません。
バージョン 1.0 をフリーズするとクライアント側で並行テストが開始され、同時にバージョン 2.0 の開発が続行されます。

エラーの修正

クライアントから間違いが報告されたら、どのように対処すればよいでしょうか。
作業中のバージョン (将来のバージョン 2.0) に修正を加えることはできますが、修正後のバージョンがクライアントにリリースされるまでには時間がかかります。したがって、修正を加えるべきバージョンは、クライアントでテストしているバージョンになります。
Frozen バージョンは読み取り専用なので、新しい開発バージョン (変更可能なバージョン) を定義する必要があります。これを行うには、クライアントに配信したバージョンと同じ Frozen バージョンから開発バージョンを作成します。
開発バージョンには、クライアントが所有しているバージョンに加えられる小規模な変更または修正を反映できます。これを使用することで、新しい開発バージョンでの独立した作業が可能になります。トランク内でバージョン 2.0 の開発を継続している開発チームには影響は生じません。
イメージ:34517.png

このように、トランク内でバージョン 2.0 を開発しながら、クライアントの要求に基づいてバージョン 1.0 で調整や修正を行うことで、並行作業を継続できます。これは、バージョン 1.0 の修正バージョンに接続されたナレッジベースから実行できます。
変更を加えると、変更されたバージョンがクライアントに転送されます。
イメージ:34518.png

トランクへの変更内容の転送

クライアント向けに加えた変更は、General バージョン (トランク) に渡して、次にリリースされるバージョン (バージョン 2.0) に含まれるようにする必要があります。
このためには、General バージョンに接続されているナレッジベースから変更を適用します。
イメージ:34519.png

変更を適用すると、使用しているバージョンと異なるバージョンから変更内容を取得できます。これは、 [ チーム開発 ] の [ 履歴 ] ダイアログから実行します。
イメージ:34520.png
イメージ:34521.png
ここで [ すべての変更を適用 ] を実行し、使用しているバージョンと異なるバージョンからすべての変更内容を取得することもできます。これは、GeneXus の [ チーム開発 ] ダイアログの [ バージョン ] タブから行います。
イメージ:34522.png
変更内容をローカルバージョンに適用したら、変更内容を General バージョンに含めるために、このバージョンで GeneXus Server にコミットする必要があります。
イメージ:34523.png

バージョン管理

バージョン 2.0 がリリースされると、バージョンツリーは下の図のようになります。
最新バージョンが作業中のバージョンであるため、最上部に配置されます。
プロジェクトは、開発のメインバージョンであるトランクと、ここから定義された残りのバージョンで構成されるツリーとして表すことができます。
つまり、GeneXus でナレッジベースと呼んでいるものは、ナレッジベースと同じ名前を持つメインバージョンを含むバージョンのセットということになります。
このバージョンを基に、新しい Frozen バージョンまたは開発バージョンを作成できます。これにより、すべてのバージョンの同期を保ちながら、並行してアプリケーション開発を継続できます。
イメージ:34524.png

バージョンの定義

ここまでに説明したすべてのバージョンは、GeneXus Server の GeneXus Server コンソールから、または GeneXus 自体から定義できます。 [ チーム開発 ] ダイアログの [ バージョン ] タブを使用すると、コンソールに移動せずに GeneXus Server のバージョン管理オプションを使用できます。






サブページ
Created: 14/09/18 03:14 by Admin Last update: 19/03/27 01:29 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0