最近のアクセス:
error_handler コマンド
プログラム実行時にデータベース関連のエラーが発生した場合に、ユーザー固有のアクションを実行する動的な方法を提供します。トランザクションエラーや接続エラーが発生すると、ユーザー定義のルーチンが実行されます。

構文

Error_Handler( [ 'subname' ] )

入力値の説明:
subname
このルールを使用するプログラムに含まれるサブルーチンの名前です。このパラメーターはオプションです。

説明

subname パラメーターはオプションです。subname を指定した場合、プログラムが終了するまで、またはほかの error_handler が (同じプログラム内で) 実行されるまで、このサブルーチンが新しい error_handler となります。subname パラメーターを指定しないと、エラー処理ルーチンは、error_handler ルールで指定されたものにリセットされます。error_handler ルールが存在しない場合は、既定の error_handler にリセットされます。
error_handler ルールで詳細を確認できます。

適用範囲

オブジェクト: ProcedureTransactionWeb Panel
言語: .NET、Java、Ruby (GeneXus X Evolution 3 まで)、Visual FoxPro (GeneXus X Evolution 3 まで)

参考情報

error_handler ルール






サブページ
Created: 14/09/18 03:44 by Admin Last update: 20/02/05 23:40 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0