最近のアクセス:
Web Panel オブジェクト

Web アプリケーションの UI 画面を定義します。
この GeneXus オブジェクトはデータベースへの対話型クエリを定義することを主な目的としますが、柔軟なオブジェクトであるため、さまざまな用途に使用できます。
エンドユーザーは実行時に画面を通じてデータベースに対するクエリを対話形式で実行できます。「対話形式」とは、エンドユーザーが Web パネル画面を通じてさまざまなフィルタ値を繰り返し入力し、一致するデータを照会できることを指します。エンドユーザーは、照会したデータに対するさまざまな操作も可能です。
 
Web パネルでは、データベースの更新はできず、クエリだけが可能です (ただし、ビジネスコンポーネントと組み合わせて使用した場合は異なります)。
 
Web パネルにはそれぞれ対応する画面 (Web レイアウト) があり、ここに含まれる項目属性がデータベースに照会され、取得されて表示されます (読み取り専用)。含まれる変数は入力変数です。
 
Web パネルの用例を以下にいくつか示します:
  • 入力用 Web パネル: エンドユーザーが入力した値を受け取ることを唯一の機能とする Web パネルです (つまり画面には変数のみが含まれる)。 
     
  • 表示用 Web パネル: 情報の表示を唯一の機能とする Web パネルです (つまり画面には項目属性のみが含まれる。入力変数としての既定の動作を変更して表示変数として定義し、明示的に値を追加した変数が含まれる場合もある)。 
     
  • 混合 Web パネル: 値の入力と情報の表示が可能な Web パネルです (画面には変数と項目属性の両方が含まれるか、変数のみが含まれる。変数のみの場合、既定の入力動作を持つ変数と、明示的に表示変数と定義し値を追加した変数が含まれる)。
この分類は GeneXus に固有のものではありません。GeneXus 内部では Web パネルを分類していません。
Web Panel オブジェクトの定義は、次のセクションに分かれています:
Web レイアウト Web パネルの画面を定義します。アナリストが変数、項目属性、その他のコントロールを追加して設計し、エンドユーザーが操作できるようにします。
ルール 定義するオブジェクトの具体的な動作を定義します。たとえば、受け取るパラメーターを指定したり、画面上で入力を受け付けず情報の表示にのみ使用する変数を定義したりします。 
イベント Web パネルではイベント駆動型プログラミングを使用します。このプログラミング手法では、エンドユーザーまたはシステムの特定のアクションに応じてアクティベートされるアイドルコードを定義できます。 
条件 このセクションでは、取得するデータが満たさなければならない条件 (フィルタ) を定義します。別の方法として、Web レイアウトに含まれる各 Grid コントロールのローカルフィルタを定義することもできます。

ほかのオブジェクトと同様に、変数 (オブジェクトにローカル)、オブジェクトのヘルプとドキュメンテーションを定義できるセクションや、オブジェクトの全般的な設定が可能なプロパティエディターもあります。

1) この Web パネルは Web レイアウトに変数とボタンが含まれます。変数は、エンドユーザーによる値の割り当てを有効にしています。このため、これらは入力コントロールであり、読み取り専用ではありません。
イメージ:47011.png
具体的には、&CountryId 変数には Dynamic Combo Box コントロールタイプを設定しています。COUNTRY テーブルのすべての CountryName 値を表示し、エンドユーザーが値を選択できるようにしています。エンドユーザーが選択する CountryName に対応する CountryId が &CountryId 変数に格納されます。 [ List Attractions by country ] ボタンをクリックすると、対応するイベントが実行され、その国の観光名所一覧を含む PDF ファイルが呼び出されます。
&AttractionNameFrom と &AttractionNameTo の各変数は、観光名所の名前を自由に入力できるようにしています。 [ List Attractions by name ] ボタンをクリックすると、パラメーターで指定された範囲内の観光名所一覧を示す PDF が表示されます。 



サブページ
Created: 14/09/18 03:20 by Admin Last update: 21/04/20 03:05 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0