最近のアクセス:
PDFReport.ini ファイル形式

PDFReport.ini ファイルは PDF ファイルを生成するために使用される設定ファイルです。レポートが実行されたディレクトリー (Java の webapp\WEB-INF フォルダ) に保存され、表示されない場合にレポートが実行され、自動的に生成されます。ファイルのエンコードが UTF-8 であることを確認してください。それ以外の場合、フォントパラメーターの読み取りで問題が発生することがあります。
次の設定が含まれます:
Barcode128AsImage
Barcode128 フォントを画像として生成するかどうかを示すブール値です (既定値: true)。
Embeded Fonts
フォントが埋め込まれているかどうかを示すブール値です。'Embedded Fonts' セクションを確認してください (既定値: false)。
SearchNewFonts
フォントが埋め込まれているが、INI に存在しない場合、そのフォントを検索するかどうかを示すブール値です (既定値: false)。
SearchNewFontsOnce
フォントが見つからない場合、一度だけ検索を行うかどうかを示すブール値です (既定値: true)。
Version
PDFReport バージョン (a.b.c.d 形式) を定義します (既定値 1.0.0.0)。
FontsLocation
フォントの場所を定義します (既定値: ".")。
LeftMargin
ドキュメントに関連する左マージンを (cm で) 定義します (既定値: 0.75) 。
TopMargin
ドキュメントに関連する上マージンを (cm で) 定義します (既定値: 0.75) 。
BottomMargin
ドキュメントに関連する下マージンを (cm で) 定義します (既定値: 6) 。
OutputFileDirectory
パスが GeneXus report output_File で指定されない場合、outputDirectory が考慮されます (既定値: ".")。
DottedStyle
点線のスタイルの値です (既定値: 1;2)。
LineCapProjectingSquare
デザインとしてのレポートの線の位置です (既定値: true)。
LongDotDashedStyle
長い鎖線のスタイルの値です (既定値: 6;2;1;2)。
ServerPrinting
アプリケーションサーバーで PDF を出力するかどうかを示すブール値です (既定値: false)。
AdjustToPaper
ページに合わせるが有効かどうかを示すブール値です (既定値: true)。
Leading
各行の間隔を定義します (既定値: 2)。
DashedStyle
破線のスタイルの値です (既定値: 4;2)。
LongDashedStyle
長い破線のスタイルの値です (既定値: 6;2)。
DEBUG
Standard Output (stdout) に DEBUG 情報を追加します (既定値: false)。
次のような情報が表示されます:
GxSetDocName: 'report.pdf'
setPageLines: 999
setLineHeight: 15
GxAttris:
\-> Font: Helvetica (8) BOLD
\-> Fore (0, 0, 0)
\-> Back (255, 255, 255)
       GxEndDocument!

'Embedd Fonts' セクション

ブール値は各フォント名に関連付られています。このブール値はフォントが埋め込まれているかどうかを定義します (最も詳細な General Property 用)。フォントを埋め込むには、generalProperty およびこのセクションのプロパティが true に設定されている必要があります。フォントを埋め込むように設定するには、'com.genexus.reports.PDFReportConfig' ユーティリティクラスを実行します。

 [ Embeed Fonts ] 
Microsoft Sans Serif= true

'Fonts Location (Sun)' セクション:

'FontName= location of the associated .ttf' マッピングが保存されています。これらのマッピングは自動的に作成されますが、標準ではないフォントを使用する場合には、正しい設定を確認する必要があります。

Java の例

 [ Fonts Location (Sun) ] 
Microsoft Sans Serif= c:\windows\fonts\micross.ttf
.NET の例
 [ Fonts Location (MS) ] 
Microsoft Sans Serif= c:\windows\fonts\micross.ttf

'Fonts Substitutions' セクション

'Font= Font' ペアは、フォントを他方のフォントが保存されている場所にマッピングします。例: 1 つの TrueType フォントを別のフォントにマッピングする場合、'Impact= Courier' を使用できます。Type 1 にフォントをマッピングすることもできます。例: 'Impact= Helvetica'。これらのマッピングはユーザーが実行できます。

検討事項

この設定はアプリケーションの起動時に一度だけ読み込まれるため、PDFReport.ini ファイルを変更するたびにアプリケーションサーバーの再起動が必要になります。C# の場合、アプリケーションがリサイクルされるので、web.config ファイルを変更することができます。Tomcat またはほかのアプリケーションサーバーの場合、サービスを再起動する必要があります。





サブページ
Created: 15/10/29 21:26 by Admin Last update: 21/05/21 03:35 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0