最近のアクセス:
OpenKnowledgeBase MSBuild タスク
指定したディレクトリー内のナレッジベースを開きます。
構文
<OpenKnowledgeBase
  Directory="$(KBDirectory)" 
  TargetModelId="$(ModelId)"
  DatabaseUser="UserId"
  DatabasePassword="Password"
  CaptureOutput="true|false">
<Output TaskParameter="TaskOutput" PropertyName="OpenOutput" />
</OpenKnowledgeBase>
オプション
Directory: $(KBDirectory) は、ナレッジベースがあるディレクトリー (絶対パスまたは相対パス) です。必須 (MDFPath を使用する場合は除く。下記を参照)
MDFPath: Directory の代わりに使用して、.gxw ファイルの代わりに開く mdf を選択できます。
TargetModelId: $(ModelId) は、トランクバージョンと異なるバージョンで作業している場合の、ターゲットモデルの ID です。このパラメーターはオプションです。SetActiveVersion タスクと SetActiveEnvironment タスクを使用して、適切なバージョンおよび環境を設定することをお勧めします。
DatabaseUser: IntegratedSecurity を使用しない場合のユーザー名です。 
DatabasePassword: IntegratedSecurity を使用しない場合のパスワードです。
CaptureOutput (1): 有効な場合、OpenOutput 変数で TaskOutput を取得します。

統合セキュリティを使用して C:\MyKnowledgeBases ディレクトリー内のナレッジベースを開きます。
<OpenKnowledgeBase Directory="C:\MyKnowledgeBases" />
 
SQLServer 認証を使用して C:\MyKnowledgeBases ディレクトリー内のナレッジベースを開きます。
<OpenKnowledgeBase Directory="C:\MyKnowledgeBases" DatabaseUser="sa" DatabasePassword="saPassword" />
1 - GeneXus 15 Upgrade 5 以降でサポートされるオプションです。




サブページ
Created: 18/10/29 01:06 by Admin Last update: 19/03/26 22:13 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0