最近のアクセス:
GeneXus Server 共通の問題

GeneXus Server のオーソライズ時

内部エラー
これは IIS 6.0 搭載のマシンに GeneXus Server がインストールされたときに生じる可能性があります。この場合、アプリケーションプールを [ LocalSystem ] の ID で設定する必要があります。ID は既定で [ NetworkService ] です。  詳細については、「GeneXus Server 要件」を参照してください。

GeneXus Server への接続時

GeneXus Server に接続しようとすると、次の問題が発生することがあります。
ファイルまたはアセンブリ 'SMDiagnostics, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089'、またはその依存関係の 1 つを読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。(Artech.Common.Proxy)
Program Location: 
   at Artech.Common.Proxy.GXServerClient.HostedKBs(String serverUrl)
   at Artech.Core.UI.Dialogs.CreateKBFromServerDialog.btnConnect_Click(Object sender, EventArgs e)
原因: クライアントマシンに Microsoft .NET Framework 3.5 がインストールされていません。
解決方法: GeneXus Server を利用するには、Microsoft .NET Framework 3.5 をインストールします。

メッセージを受信できる http://.../TeamWorkService.svc でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。これは一般に、アドレスまたは SOAP アクションが正しくない場合に発生します。詳しくは、InnerException を参照してください (ある場合)。(mscorlib)
詳細な説明が続く、汎用メッセージです:
  • リモート名が解決できませんでした: 'xxxxxxxx' (システム)
原因: サーバー (GeneXus Server が実行されているマシン) にアクセスできないか (電源がオフになっている、ネットワークに接続されていないなど)、名前にスペルミスがあるか、DNS が名前を解決できない可能性があります。
解決方法: サーバーマシンにアクセスできること (電源を入れるかネットワークに接続するなど) やスペルが正しいことを確認したり、名前の代わりに IP アドレスを使用したりします。
  • リモートサーバーがエラーを返しました。(404) 見つかりません。(システム)
原因: 選択されたマシンで実行している GeneXus Server はありません。
解決方法: 選択したマシンに GeneXus Server をインストールします。

リモートサーバーが予期しない応答を返しました。(405) メソッドは許可されません。(mscorlib) またはエラー: プロトコルが一致しないため、指定された URL の GeneXus Server インスタンスに接続できませんでした: <gxserver url>。
原因: 選択されたマシンで実行している GeneXus Server はありません。
解決方法: 選択したマシンに GeneXus Server をインストールします。
GeneXus Server を Windows 7 以降で実行している場合は、WCF HTTP のアクティベーションを許可します。
手順は次のとおりです:
1) [ プログラムと機能 ] 、 [ Windows の機能の有効化または無効化 ] に移動します。 
2) 機能ダイアログで [ Microsoft .NET Framework 3.0 ] (Windows 7 使用の場合は [ Microsoft .Net Framework 3.5.1 ] ) を選択し、 [ Windows Communication Foundation HTTP-Activation ] をオンにします。
Genexus Server を Windows Server で実行している場合は、ServiceModel Registration Tool で WCF HTTP Activation を許可します。
注: ブラウザーから helperservice.svc の URL にアクセスすると、次のようなエラーが表示されます:
HTTP Error 404.17 - Not Found
要求されたコンテンツはスクリプトであり、静的ファイルハンドラーで処理されない可能性があります。

プロトコルがサポートされていません。プロキシを介して通信している場合は、HTTP/1.1 がサポートされていることを確認してください。
原因: GeneXus Server との接続に使用されている HTTP プロトコルが 1.1 ではないか、不明なプロトコルです。
解決方法: HTTP 1.1 を使用できることを確認し、プロキシを使用している場合は、そのプロキシが 1.1 HTTP バージョンをサポートしていることを確認します。Fiddler に HTTP デバッグツールを使用し、次を取得します。
HTTP/1.0 501 Not Implemented
Server: ....
Mime-Version: 1.0
Date: ....
Content-Type: text/html
Content-Length: .....
Expires: ......
X-Squid-Error: ERR_UNSUP_REQ 0
Proxy-Connection: close
このプロキシは HTTP 1.0 を使用していることを示しています。 

エラー 407: ISA プロキシを介して GeneXus Server に接続時
詳細については、SAC #27219 を参照してください。

ASP.NET バージョン 2.0 Session State が SQL Server にインストールされていないため、SQL Server を使用できません。ASP.NET Session State SQL Server バージョン 2.0 以上をインストールしてください。
解決方法: セッションステートを web.config ファイルにコメントします。

Web ブラウザー経由で GeneXus Server に接続する場合

Web ブラウザー経由で GeneXus Server に接続しようとしているとき、次の問題が発生することがあります。
HTTP Error 500.19 - 内部サーバーエラー
HTTP Error 500.19 - 内部サーバーエラー
ページに関連する構成データが無効であるため、要求されたページにアクセスできません。
エラー情報の詳細
Module    IIS Web Core
Notification    BeginRequest
Handler    Not yet determined
Error Code    0x8007000d
Config Error   
Config File    \\?\C:\GeneXusServerXEv3\Vdir\web.config
Requested URL    http://localhost:80/GeneXusServerXEv3/main.aspx
Physical Path    C:\GeneXusServerXEv3\Vdir\main.aspx
Logon Method    Not yet determined
Logon User    Not yet determined
Config Source
   -1: 
    0: 
原因: URL Rewrite がインストールされていない可能性があります。
解決方法: URL Rewrite をインストールします。

ナレッジベース選択時

これらの問題は、サポート対象のナレッジベースを拡張して使用可能なバージョンを表示しようとしたときに発生することがあります。
NoPermissionsOnDB
原因: GeneXus Server で、対象のナレッジベースを開くことができません。既定の ASP.NET ユーザーに、ナレッジベースを含む SQL Server データベースを介した接続、読み取り、書き込みの権限がありません。
解決方法: SQL Server Management Studio を開き、 [ セキュリティ ] ノードを選択してから ASPNET プロパティを開き、次に示すとおり必要な許可を追加します。
イメージ:14234.jpg
注: Internet Information Server 6.0 以上を使用する場合は、既定のアプリケーションプールは [ LocalSystem ] ID を使用することを確認します。次の画像に示すとおり、 [ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー ] を開き、 [ アプリケーションプール ] フォルダ、 [ DefaultAppPool ] の順に選択して、コンテキストメニューの [ アプリケーションプールの既定値の設定 ] を開き、 [ ID ] を選択します。
イメージ:10002.gif

ナレッジベースの送受信時

これらの問題は、GeneXus Server からナレッジベースをアップロードまたはダウンロードしようとしたときに発生することがあります。
アプリケーションがハングアップしたり、 [ GeneXus Server は 15 秒で応答に失敗しました。やり直してください。問題が続く場合はネットワーク管理者へ問い合わせてください。(Artech.Common.Proxy) ] というメッセージが表示されます。
原因:  [ 新規 ] 、 [ サーバーからのナレッジベース ] オプションまたは [ ファイル ] 、 [ ナレッジベースを送信 ] オプションを使用して、ナレッジベースをダウンロードまたはアップロードするときは、クライアント (GeneXus クライアント) とサーバー (GeneXus Server) で HTTP 接続が許可されていることを確認します。許可されていない場合は、プロセスがナレッジベース移行手順中にブロックされる場合があります。
解決方法:
  • Kerio Firewall を使用している場合は、SAC #29173 を確認してください。
  • アンチウイルスの設定を確認し、HTTP アクセスを有効にします。たとえば、ESET NOD32 を使用している場合は、 [ 詳細設定 ] 、 [ Web アクセス保護 ] セクションで [ Web アクセス保護を有効にする ] オプションを無効にするか (図 1)、除外リストを作成して、望ましい Web サイトのリストを許可します (図 2)。
イメージ:10032.gif
図 1
イメージ:10543.jpg
図 2

認証できませんでした
NoPermissionsOnDB を参照してください。

アクセスを拒否されました
GeneXus Server にナレッジベースを送信するときに、次のエラーが発生する場合があります。
物理ファイル 'C:\Program Files\Artech\GeneXus\GeneXusServer\Catalog\<KB 名>\<KB ファイル名>.mdf' を開くとき、または作成中に CREATE FILE でオペレーティング システム エラー 5 (アクセスが拒否されました。) が発生しました。

または

"エラー: GeneXus Server: パス 'C:\Program Files\Artech\GeneXus\GeneXusServer\Catalog' へのアクセスが拒否されました。GeneXus Server への送信は失敗しました
SQLServer サービスがネットワークサービスとして実行されているか確認し、そうなっている場合は、次の図に示すように [ ローカル システム アカウント ] に変更します。
イメージ:10487.gif

GeneXus Server: SRV0013: サーバーインスタンスを実行しているユーザー 'ASPNET' は 'KBCatalog.xml' ファイルを変更するファイルシステム権限がありません。
ASP.NET ユーザーが、GeneXus Server のインストールパス (C:\GeneXusServer\Catalog) にアクセスできることを確認してください。
イメージ:11192.png 

エラー: GeneXus Server: オブジェクト参照はオブジェクトのインスタンスに設定されていません。
原因: SQL Server が Genexus Server マシンにインストールされていません。
解決方法: SAC #29662 を参照してください。

 エラー: GeneXus Server: BCP ユーティリティが見つかりません。「Microsoft SQL Server コマンド プロンプト ユーティリティ」をインストールしてください。
原因: GeneXus Server が bcp パスを見つけられません。web.config またはレジストリで設定されていないか、既定のディレクトリーにインストールされていません。
解決方法: SAC #28443 を参照してください。

エラー: BCP ユーティリティが見つかりません。「Microsoft SQL Server コマンド プロンプト ユーティリティ」をインストールしてください。
原因: GeneXus Server が bcp パスを見つけられません。genexus.exe.config またはレジストリで設定されていないか、既定のディレクトリーにインストールされていません。 
解決方法: SAC #35943 を参照してください。

エラー: GeneXus Server: タイムアウト時間が経過しました。操作が完了する前、またはサーバーから応答がある前にタイムアウトになりました。
原因: ナレッジベースが大きすぎるため、既定のタイムアウト時間では足りませんでした。
解決方法: SAC #30110 を参照してください。

エラー: GeneXusServer - ファイル 'ATTRIBUTE' のインポート中にエラーが発生しました
エラー: GeneXusServer - ファイル 'ATTRIBUTE' のインポート中にエラーが発生しました
エラー: GeneXusServer - データのインポート中にエラーが発生しました
エラー: ナレッジベースの作成中にエラーが発生しましたが、GXServer は復元できませんでした。再度送信する場合、不正なナレッジベース 'XXX' をサーバーから削除するか別のエイリアスで送信してください。

error: GeneXusServer - クリーンアップ時のエラー: 'ユーザープロセスのみ強制終了されました。'
原因: GeneXus Server が bcp パスを見つけられません。web.config またはレジストリで設定されていないか、既定のディレクトリーにインストールされていません。
解決方法: SAC #28306 を参照してください。
原因: インストールした bcp.exe が動作していません。bcp.exe アプリケーションがパラメーターなしで実行されています。
解決方法: 「Microsoft SQL Server コマンド ライン ユーティリティ」を再インストールし、GeneXus Server のインストールディレクトリーにある web.config ファイルを編集して appSettings ノード内に次の行を追加します:
<add key="bcpPath" value="<bcp パス>\bcp.exe" />
<bcp パス> は、bcp.exe が動作するパスです。
: Microsoft SQL Server コマンド ライン ユーティリティ x64 が動作しない場合、x86 バージョンをインストールし、web.config を更新して適切な bcp パスを設定してください。
詳細については、SAC #35948 を参照してください。

サーバー接続の確認時

SRV0008: ユーザーは、データベース 'KnowledgeBaseName' へのアクセスが許可されていません。
詳細については、Event Viewer 関連のメッセージを確認してください。次のようなエラーメッセージを受け取る場合があります。
Type: Artech.Architecture.Common.Objects.OpenKnowledgeBaseException, Artech.Architecture.Common, Version=10.1.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=6f5bf81c27b6b8aa
Message : NoPermissionsOnDB
Source : Artech.Architecture.Common
Error : NoPermissionsOnDB
TargetSite : Void CheckConnection(System.String, Artech.Udm.Layers.Common.KBConnectionInfo)
Stack Trace :    
NoPermissionsOnDB を参照してください。

Genexus Server コンソール (HTTP://<サーバー>/GeneXusServer) を開くときに「HTTP Error 404 - ファイルまたはディレクトリーが見つかりません」と表示される
IIS が動作しているのにこのエラーが表示される場合は、ADO.NET がインストールされていないことが考えられます。
Windows 2003: 
Application Server コンポーネントの下に ADO.NET がインストールされていることを確認します。
イメージ:16609.jpg
[ IIS Manager ] 、 [ Web Server Extension ] で ASP.NET v2.0.50727 を有効にします。
イメージ:16610.jpg

メソッドが見つかりません: 'System.Data.IDbConnection gxioSQL.KnowledgeBaseData.GetConnection()'
詳しくは、Event Viewer を確認してください。IIS 内の ASP.NET の登録に何か問題があるようです。もう一度 IIS 内で ASP.NET の登録を試みてください。
アンインストールする場合は、次を実行します:
C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\Aspnet_regiis.exe -u
次に再インストールして以下を使用します:
C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\Aspnet_regiis.exe -i
このユーティリティについて詳しくは、こちらをクリックしてください。

ナレッジベースのコミット時または更新時

タイムアウトエラーが表示されます。
ナレッジベースのサイズによって、RSS などのサーバーとの通信や、コミットおよび更新などの操作に 20 分以上かかる場合がありますが、これらの操作に設定されている既定のタイムアウトは 20 分です。
この場合、出力ウィンドウに次のようなエラーメッセージが表示されます:
エラー: 要求の応答を待機しているチャネルが 00:18:19.8287661 経過後にタイムアウトしました。要求の呼び出しに渡すタイムアウトの値を増やすか、バインディングの SendTimeout の値を増やしてください。この操作に割り当てられた時間は、より長いタイムアウトの一部であった可能性があります。
既定値を変更する場合は、GeneXus Server のインストールディレクトリーにある web.config ファイルを編集し、receiveTimeoutsendTimeout の各パラメーターを変更してから、GeneXus のインストールディレクトリーにある genexus.exe.config を編集し、TeamDevTimeOut パラメーターを変更します。
web.config
<binding name="GXCustomHttpBinding" ...>
<binding name="GXBinding" ...>
genexus.exe.config
<add key="TeamDevTimeOut" value="nn:nn:nn" />
 
 

間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。
64 ビット OS で IIS7 を実行中の場合、既定のページをロード中、このエラーが出ることがあります。これを修正するには、IIS 管理コンソールに移動し、GeneXusServerAppPoolXEv2 アプリケーションプールの [ 詳細設定 ] に移動し、 [ Enable 32-bits Applications ] プロパティを [ True ] に設定します。
イメージ:10889.png
Windows Server 2003 x64 の同様のエラーでは、次のメッセージが表示されます:  
有効な Win32 アプリケーションではありません。
32 ビットのアプリケーションを有効にするには、コマンドプロンプトを開き、%systemdrive%\InetPub\AdminScripts に移動し、次のコマンドを実行します:
cscript.exe adsutil.vbs set W3SVC/AppPools/Enable32BitAppOnWin64 “true”
注: このエラーは次のように表示されることもあります。
System.BadImageFormatException: ファイルまたはアセンブリ 'GeneXus.Server'、またはその依存関係の 1 つを読み込めませんでした。間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。

要求されたサービス、'http://../genexusserver/HelperService.svc' をアクティベートできませんでした。詳細については、サーバーの診断トレースログを参照してください。
GeneXus Server に接続を試みているときに上記のエラーが表示された場合、Web ブラウザーに同じ URL を入力すると、次のエラーが発生する可能性があります。
  • ファイルまたはアセンブリ 'App_Web_sf0lfn0j, Version=0.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null'、またはその依存関係の 1 つを読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。
解決方法: サーバーのユーザーグループに Temporary ASP.Net Files フォルダに対するフルコントロール権限を付与します。このエラーは、一時ファイルを削除できなかった場合に表示されます。C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\Temporary ASP.NET Files で GeneXus Server のフォルダを削除することで、そのファイルを手動で削除できます。
  • 次の検索条件を使って X.509 証明書を見つけることができません: StoreName 'My', StoreLocation 'LocalMachine', FindType 'FindBySubjectName', FindValue 'localhost'.
解決方法: GeneXus Server が認証を要求するように設定されているため、証明書をインストールする必要があります。「SSL 証明書を GeneXus Server の IIS でセットアップする方法」を参照してください。

GeneXusServer/HelperService.svc を呼び出そうとしているとき、また、サービスは IIS7 でホストされている場合の System.ServiceModel.ServiceActivationException
サーバーに接続しようとしているとき、IIS 7.0 を使用している場合は、次のエラーが発生することがあります。
System.ServiceModel.ServiceActivationException : not valid 'webHTTP' element; not registered in system.serviceModel/extensions/behaviourExtensions
web.config line 145
マシンに .NET3.5 が適切にインストールされていることを確認し、次の操作を試します。
  1. .NET 3.5 Framework のインストールフォルダ (C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v3.5) に移動します。
  2. WFServicesReg.exe /c を実行します。
  3. IIS 7 を再起動します。
  4. GeneXus Server の操作を再度実行します。

認証インスタンスを使用して RSS と GeneXus Server を使用しているとき、エラー [ サービス 'GeneXus.Server.Services.SyndicationService' にはゼロのアプリケーション (非インフラストラクチャー) エンドポイントがあります ] が発生
安全なインスタンスを使用してサーバーで RSS サービスを使用しようとしているとき、次のエラーが発生することがあります。
サービス 'GeneXus.Server.Services.SyndicationService' にはゼロのアプリケーション (非インフラストラクチャー) エンドポイント"があります。
RSS を有効にするには、web.config ファイルでサービスをコメント解除する必要があります。RSS では認証がサポートされていないため、任意のユーザーが RSS を利用できることに留意してください。

web.config ファイルに移動し、次のセクションのコメントを解除します。
<!-- for security reasons disable Rss service, to enable it uncomment following section -->
<!--  <service name="GeneXus.Server.Services.SyndicationService" behaviorConfiguration="GeneXusBehavior">
                <endpoint binding="webHttpBinding" contract="GeneXus.Server.Contracts.ISyndicationService" behaviorConfiguration="atomSynd" address="" />
                <endpoint contract="IMetadataExchange" binding="mexHttpBinding" address="mex"/>
            </service> -->

500 - 内部サーバーエラーです。
GeneXus Server が例外を返すと、サーバーの内部エラー 500 が発生します。(IIS7.0 以上)
実際のエラーメッセージを表示させるには、IIS 設定を変更する必要があります。そのためには、IIS 管理コンソールを開き、次の手順を実行します。
  1. 左側のツリービューで GeneXus Server の仮想ディレクトリーを選択します。
  2. IIS 設定パネルから [ エラー ページ ] を開きます。
  3. [ 機能を開く ] 、 [ 機能設定の編集 ] と選択します。
  4. プロパティ [ サーバーでエラーが発生すると、次が返されます: ] で [ 詳細なエラー ] オプションを選択します。
  5. コマンドプロンプトから iisreset を実行して IIS を再起動します。
イメージ:12303.png
イメージ:12304.png

メッセージ中の少なくとも 1 つのセキュリティトークンを検証できませんでした。
コミットまたは更新中、次のようなエラーが発生することがあります:
========== Update started ==========
Contacting GeneXus Server at 'http://sandbox.genexusserver.com/xev1/'... done!

error: メッセージ中の少なくとも 1 つのセキュリティトークンを検証できませんでした。
更新に失敗しました。
[ Team Development Security ] ダイアログで証明書 (ユーザーとパスワード) を確認してください。

プロトコルが一致しないため、指定された URL の GeneXus Server インスタンスに接続できませんでした: <gxserver url>。 
このエラーはいくつかの理由により発生します。GeneXus LogGeneXus Server のログを有効にして、詳細情報を取得してください。 
たとえば、更新実行時に、GeneXus Server のログに次のエラーが記録されたとします:
System.IO.IOException: File already exists (or System.IO.IOException: The file exists.)
   at System.IO.__Error.WinIOError(Int32 errorCode, String maybeFullPath)
   at System.IO.__Error.WinIOError()
   at System.IO.Path.GetTempFileName()
   at Artech.Packages.GenexusServer.Services.GXserverService.GetUpdateFile(ServerUpdateData data)
   at GeneXus.Server.Services.TeamWorkService2.UpdateOperation(Object objRequest)
この問題は、GeneXus Server がインストールされているマシンの Windows %TEMP% ディレクトリーがいっぱいで、tmp ファイル (エクスポートファイル) を作成できなかったことが原因です。
解決方法: 拡張子 '.tmp' のファイルを %TEMP% ディレクトリーから削除し、サーバーを再起動してから再試行します。

エラー: ハンドルされていない例外が発生しました。危険な可能性のある Request.Form 値がクライアント (GXState="...Caption":"<...") から検出されました。
解決方法: Framework 2.0 を使用するためには、GeneXus Server のアプリケーションプールを設定する必要があります。GeneXus Server は、Framework 2.0 をベースとする Framework 3.5 上でも動作します。Framework 4.0 および 4.5 は Framework 2.0 とは完全に異なるため、サポートされていません。

 

よくある質問

  • どの GeneXus Server からナレッジベースが作成されたかを確認することはできますか。また、リモートナレッジベースの名前はどこで確認できますか。
ナレッジベースのプロパティで [ GeneXus Server URL ] と [ Remote KB ] を確認してください。
関連記事








サブページ
Created: 14/09/18 03:47 by Admin Last update: 19/03/27 01:31 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0