最近のアクセス:
GeneXus Server を使用したチーム開発
規模を問わず、チームによるアプリケーションの開発を強化します。GeneXus Server ではナレッジベースが一元管理されるため、承認済みの開発者は誰でもスタンドアロンの開発環境から変更を送信したり、他の開発者による変更を取得したりできます。

概念

ソフトウェアを開発するときは、開発者同士で協力する必要があります。しかし、四六時中やり取りしているわけではありません。他の開発者から離れて、担当する機能を記述したり不具合を修正したりするだけでなく、他の開発者がナレッジベースに加えた変更を処理することもあります。必要な処理が終わったら、自分が加えた変更を公開し、変更点を他の開発者に知らせます。この過程を何度も繰り返します。
このような開発過程がスムーズに流れるようにするには、個々の開発者用の独立した開発環境と、開発者同士のコミュニケーションの仕組みが必要です。ここで、GeneXus Server が重要な役目を担います。
GeneXus Server では、すべての開発者がナレッジベースのコピー (独立した開発環境) で作業し、それらは GeneXus Server で集中管理されている同じナレッジベースにリンクされています (コミュニケーションの仕組み)。
イメージ:32935.png
まず、GeneXus Server のインストール マニュアル ページで、インストールと設定の方法を確認してください。

新しい開発者のセットアップ

GeneXus Server からナレッジベースを作成します。

変更内容の送信

GeneXus Server にコミットします。

他の開発者による変更内容の取得

GeneXus Server から更新します。
  



サブページ
Created: 14/09/18 03:47 by Admin Last update: 19/08/08 23:04 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0