最近のアクセス:
GeneXus Server を使用したチーム開発
任意のサイズの開発チームによるアプリケーションの開発が強化されました。承認された開発者が行っている GeneXus Server によって管理された中央のナレッジベースを持つことで、スタンドアロンの開発環境から、変更を送信したり、他の開発者からの変更を受け取ったりすることができます。

コンセプト:

ソフトウェアを書くということは、開発者間のやり取りが多いということを意味します。しかし、このやり取りは永続的ではありません。開発者は、独自に各機能や修正を加えたり、何らかの形でチームと離れた場所にいたり、誰かほかの人がナレッジベースに加えた変更を修正したりする場合、「処理」を行う必要があります。この処理が終了したあと、開発者は自分の変更を公開し、他の開発者によって公開された変更を自分に通知します。このサイクルを繰り返します。
上記のサイクルを実行するために、ツールが独立した開発環境と通信サービスを提供する必要があります。そこで、GeneXus Server が登場します。
各開発者は、GeneXus Server (通信サービス) 内の同じナレッジベースで作業します。このナレッジベースは、一元的に管理されたコピーとリンクされています。
イメージ:32935.png
GeneXus Server 15 インストールマニュアルを参照し、インストールと構成の手順の確認をしてください。

新しい開発者を設定する

[ ナレッジベースを GeneXus Server から作成 ]する必要があります。

変更を送信する

GeneXus Server へのコミット操作を使用します。

他の開発者から変更を取得する

GeneXus Server からのナレッジベースの更新操作を使用します。
  



サブページ
Created: 14/09/18 03:47 by Admin Last update: 20/01/06 21:21 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0