最近のアクセス:
GeneXus Server へのナレッジベースの送信
開発者がローカルのナレッジベースを GeneXus Server インスタンスで公開して、チーム開発用 GeneXus Server のナレッジベースとして使えるようにするには、そのナレッジベースをサーバーへ送信します。

手順

ローカルのナレッジベースを作成した後で、次の手順を実行します。
1) [ ファイル ] メニューの [ GeneXus Server にナレッジベースを送信 ] を選択します。
2) ダイアログボックスが開くので、GeneXus Server の URL とナレッジベースのエイリアスを入力します。ナレッジベースのエイリアスは、GeneXus Server インスタンス内で一意である必要があります。
イメージ:31883.png
             注:
  • [ ナレッジベースのすべてのバージョン ] チェックボックスをオンにすると、すべてのバージョンをエクスポートできます。選択しないと、ナレッジベースのアクティブバージョンのみが送信されます。
  • [ ロックモデルで作業 ] オプションまたは [ マージ ] モデルオプションも使用できます。既定では [ マージ ] モデルが選択されているため、ロックモデルで作業するには、 [ ロックモデルで作業 ] オプションを選択する必要があります。GeneXus Serverナレッジベースを送信した後で、[ Team Collaboration Mode ] プロパティを変更する方法については、「マージモデルとロックモデルを切り替える方法」を参照してください。
3) [ 送信 ] をクリックすると、必要な情報がすべてローカルのナレッジベースから収集され、GeneXus Server インスタンスに送信されます。ナレッジベースのサイズによっては、この処理に数分かかることがあります。
イメージ:31884.png
詳細については、 [ チーム開発 ] の出力セクションを参照してください。

イメージ:31885.png
成功メッセージが表示されます。表示されない場合は、「GeneXus Server 共通の問題」を参照してください。
イメージ:31886.png
4) ナレッジベースは、選択した GeneXus Server インスタンスのナレッジベースとして機能するようになります。そのため、他のユーザーがナレッジベースを GeneXus Server から作成する操作を (IDE から、またはチーム開発の MSBuild タスクを使用して) 実行し、最近アップロードされたナレッジベースを選択できるようになります。
ローカルのナレッジベースは、GeneXus Server のナレッジベースにリンクされます。つまり、開発者は、チーム開発環境で作業できるようになっており、ローカルのナレッジベースをサーバーのナレッジベースで更新したり、自分が加えた変更をサーバーにコミットしたりできます。 
注: ナレッジベースが GeneXus Server インスタンスに送信されると、 [ ファイル ] メニューの [ ナレッジベースをサーバーへ送信 ] オプションを使用できなくなります。

参考情報










サブページ
Created: 14/09/18 03:03 by Admin Last update: 19/05/29 23:26 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0