最近のアクセス:
GeneXus Server でセキュリティを有効にする方法
GeneXus Server (GXserver) のインストール時には、セキュリティ設定が既定で無効になっています。 [ サーバーログイン時の認証設定 ] でセキュリティ設定を有効にする場合、インストーラーで [ 設定します ] (GeneXus X Evolution 2 Upgrade 2 以前のバージョンの場合は [ セキュアインスタンス ] ) を選択します。

ログインが必要な GeneXus Server のインスタンスをインストールする

インストーラーを実行中に [ サーバーログイン時の認証設定 ] で [ 設定します ] (GeneXus X Evolution 2 Upgrade 2 以前のバージョンの場合は、 [ セキュアインスタンス ] ) を選択します。これにより、サーバーへの接続時に、アカウント情報の入力を求められます。
イメージ:25621.png
詳しいインストール手順については、「GeneXus Server インストールプロセス」を参照してください。
セキュリティを使用するには、SSL 証明書をインストールして、Web サーバーで https を有効にする必要があります。この設定は、インストールが完了した後で実行する必要があります。
テスト環境については、ここで必要な手順およびファイルを確認できます。本番環境の HTTPS の設定についてはシステム管理者に相談することを強くお勧めします。
この変更が正常に動作するかどうかを確認するには、ブラウザーで http ではなく https を使用してサーバーの URL にアクセスします。
注:
  • サーバーで既に https を使用している場合、設定の変更は必要ありません。
  • セキュリティ保護された GXserver を使用できる場合も、事前に http のテストを行う必要があります。ローカルにインストールされた GXserver のメインページの URL は http://localhost/GeneXusServer/main.aspx です。
    これは、サービスが利用可能かどうかを確認する際に、HTTP ポート 80 が使用されるためです。しかし、GeneXus は HTTPS の Windows Communication Foundation を内部的に使用します。

インストール時にログイン不要と設定したインスタンスへのログインを有効にする方法

既にインストール済みの GXserver で、「匿名」アクセスではなくログインを要求したい場合、次の手順を実行する必要があります:
  • <インストールディレクトリー>/vdir 直下に格納されている Web.config および Web.Secure.config ファイルのバックアップを作成します。
     
  • <インストールディレクトリー>/vdir 直下に格納されている "Web.config" ファイルの名前を Web.Base.config に変更します。
     
  • <インストールディレクトリー>/vdir 直下に格納されている "Web.Secure.config" ファイルの名前を Web.config に変更します。
     
  • 「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー」を開いて、GXserver アプリケーションを選択します。
     
  • 「ハンドラーマッピング」を開き、"svc-ISAPI-2.0" がリストに表示されていることを確認し、ない場合には追加します。
     
  • 次に "svc-ISAPI-2.0" を右クリックし、「親構成に戻す」を選択します。
     
  • 最後に GXserver アプリケーションまたは IIS を再起動します。 
注: Web.config に変更を加えたときには、必ず新しい名前で更新してください。
SSL 証明書がインストールされていない場合、次のエラーが表示されます:
次の検索条件を使って X.509 証明書を見つけることができません: StoreName 'My', StoreLocation 'LocalMachine', FindType 'FindBySubjectName', FindValue 'localhost'.
SSL 証明書を設定するには、「SSL 証明書を GeneXus Server の IIS でセットアップする方法」を参照してください。

認証を有効にする

既定では、次の 2 種類の認証方法があります: [ ローカル ] と [ GeneXus Account ] です。
既定のローカルユーザーは admin で、パスワードが admin123 です。
イメージ:12440.jpg
GeneXus Server の [ セキュリティ ] タブで、必要に応じてこのユーザーを変更したり、新規ユーザーを追加したり、ロールやアクセス許可を設定したりできます。
イメージ:12441.jpg
GeneXus Account 認証では、任意の有効な GeneXus Account ユーザーでサーバーにログインできます。
2 つの認証方法のうちどちらを使用するかは、GeneXus Server の [ セキュリティ ] タブ内の [ 詳細 ] タブで設定できます。認証方法を有効/無効にする方法については、GeneXus Server セキュリティセクション (X Evolution 3)の [ 詳細 ] タブを参照してください。
注: ブラウザーで次の例外がスローされた場合:

ASP.NET バージョン 2.0 Session State が SQL Server にインストールされていないため、SQL Server を使用できません。ASP.NET Session State SQL Server バージョン 2.0 以上をインストールしてください。







サブページ
Created: 14/09/18 03:04 by Admin Last update: 19/03/27 01:29 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0