最近のアクセス:
GeneXus Server からのナレッジベースの更新
サーバーからの更新操作では、最後のサーバーからの更新操作以降にサーバーのナレッジベースに加えた変更を、ローカルのナレッジベースに組み込むことができます。

手順

更新操作を実行するには、次の手順に従う必要があります。
1) [ ナレッジマネージャ ] の [ チーム開発 ] メニューオプションを選択して、ナレッジマネージャの [ チーム開発 ] ダイアログを開き、 [ 更新 ] タブを選択します。
イメージ:36760.png
注: オブジェクトをダブルクリックすると、オブジェクトのローカルコンテンツとサーバーの間の違いを示す比較ウィンドウが開かれます。 
2) [ 更新 ] オプションを選択して、選択した変更をすべて、ローカルのナレッジベースに組み込みます ( [ 保留中の更新 ] タブで選択されていなかったオブジェクトは更新されません)。 [ 出力 ] ウィンドウの [ チーム開発 ] を選択して、操作が正常に完了したことを確認します。
注: 開発者は、 [ ナレッジベースプロパティ ] チェックボックスを選択して、GeneXus Server からインポートするプロパティのグループを選択することもできます。

特定のリビジョンへの更新

開発者が特定のリビジョンへの更新を希望する場合、タブの右上でリビジョンを更新することができます。開発者は、任意のリビジョンを選択して更新できます。ローカルナレッジベースがリビジョン 10 で、リビジョン 2 の状態を反映させたい場合、単純にリビジョン 2 に更新するだけです。
注: 既定では、更新は GeneXus Server の最新バージョンと比較されます。これらのリビジョンは、GeneXus Server のナレッジベースのアクティビティ内で確認できます。

更新オプション

いずれかのオブジェクトの更新に失敗した場合、GeneXus では 2 つのオプションが提供されます:
イメージ:31945.png
1) [ Fail on errors ] : 操作全体が元に戻され、オブジェクトは一切変更されません。
この場合、エラーの発生したオブジェクトが GeneXus で自動的に選択解除され、失敗したオブジェクトを含めずに新しい更新操作を簡単に再試行できます。既定では、エラーの発生したオブジェクトを自動的に選択解除する前に、操作の確認が求められます。
[ ツール ] -> [ オプション ] -> [ チーム開発 ] -> [ 更新に失敗した後で自動的にオブジェクトの選択を解除 ] の順に選択して、この動作を設定できます。
イメージ:31946.png
有効な値は次のとおりです。
  • [ Always ] : 更新操作に失敗したすべてのオブジェクト (および参照先オブジェクト) を自動的に選択解除します (確認メッセージは表示されません)。
  • [ Never ] : オブジェクトを選択解除しません。
  • [ Ask ] : 毎回、ユーザーに確認を求めます。
2) [ Continue on errors ] : 失敗したオブジェクトの動作は開発者が決定し、更新に成功したオブジェクトは維持されます。
詳細については、「更新の動作」を参照してください。

参考情報

GeneXus Server へのコミット





サブページ
Created: 14/09/18 03:04 by Admin Last update: 19/03/26 23:35 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0