最近のアクセス:
Android 要件

自動インストール (推奨)

すべての Android SDK 要件を自動でダウンロードし、インストールするセットアップを提供します。(GeneXus IDEからメニューオプション Android SDK の更新を通じて、このセットアップにアクセスすることも可能です。)
イメージ:35900.png
Android Requirements Installer をダウンロード

手動インストール

Android SDK コンポーネントは、手動でインストールしないことを推奨しますが、必要になる場合もあります。そのために必要な情報を提供します。
  • JDK  バージョン 8 以上 (64 ビットのオペレーティングシステムの場合は 64 ビットバージョンを使用)
  • Android SDK — 必要なのはコマンド ライン ツールのみです。
警告: Android SDK をインストールするディレクトリー名には、スペースまたは特殊文字を使用しないことを強くお勧めします。

手順 2 - Android コンポーネントのインストール

警告: Android SDK Manager として知られているツールは Google によって廃止され、現在使用することができません。Android SDK が提供するコマンドラインツール「sdkmanager」を使用するか、Android Studio をダウンロードし「SDK Manager」ビルトインを使用するという2つの選択肢があります。いずれの場合も、次のコンポーネントをインストールする必要があります。
GeneXus 15 Upgrade 5 以上を使用するユーザー
コンポーネント 必要なバージョン 解説
Android SDK Tools 25.3.1 以上 Android SDK の更新 オプションを参照する
Android SDK Platform-Tools 23.1 以上 -
Android SDK Build-tools 23.0.2 -
Android エミュレーター Any -
Android 7.0 (API 24) Any -
- SDK Platform   -
- Google APIs Intel x86 Atom System Image Any Intel ベースのコンピューターの場合は、Intel x86 System Image を使用します。それ以外の場合は、ARM EABI v7a System Image を使用します。
以前の要件 (Intel x86 Atom System Image) で作成された AVD が既にある場合、再作成されません。AVD Manager から削除し、GeneXus からアプリケーションを再実行し、新しく作成することを検討することができます。
Android Support Repository 45 以上 -
Google Repository 44 以上 -
Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM インストーラー)  Any  HAXM をインストールできない場合は、SDK Platform と ARM EABI v7a System Image を含む Android 4.1.2 (API 16) をインストールする必要があります。「Android API レベルに関する考慮事項」を参照してください。
 
GeneXus 15 Upgrade 3 および GeneXus 15 Upgrade 4 のユーザー
コンポーネント 必要なバージョン 解説
Android SDK Tools 25.1.7 以上 -
Android SDK Platform-Tools 23.1 以上 -
Android SDK Build-tools 23.0.2 -
Android 7.0 (API 24) Any -
- SDK Platform   -
- Google APIs Intel x86 Atom System Image   Intel ベースのコンピューターの場合は、Intel x86 System Image を使用します。それ以外の場合は、ARM EABI v7a System Image を使用します。
以前の要件 (Intel x86 Atom System Image) で作成された AVD が既にある場合、再作成されません。AVD Manager から削除し、GeneXus からアプリケーションを再実行し、新しく作成することを検討することができます。
Android Support Repository 45 以上 -
Google Repository 44 以上 -
Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM インストーラー)  Any  HAXM をインストールできない場合は、SDK Platform と ARM EABI v7a System Image を含む Android 4.1.2 (API 16) をインストールする必要があります。「Android API レベルに関する考慮事項」を参照してください。
 
GeneXus 15GeneXus 15 Upgrade 1 および GeneXus 15 Upgrade 2 のユーザー
コンポーネント 必要なバージョン 解説
Android SDK Tools 25.1.7 以上 -
Android SDK Platform-Tools 23.1 以上 -
Android SDK Build-tools 23.0.2 -
Android 7.0 (API 24) Any -
- SDK Platform   -
- Intel x86 Atom System Image   Intel ベースのコンピューターの場合は、Intel x86 System Image を使用します。それ以外の場合は、ARM EABI v7a System Image を使用します。
Android Support Repository 36 以上 -
Google Repository 36 以上 -
Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM インストーラー)  Any  HAXM をインストールできない場合は、SDK Platform と ARM EABI v7a System Image を含む Android 4.1.2 (API 16) をインストールする必要があります。「Android API レベルに関する考慮事項」を参照してください。

手順 3 - HAXM のインストール

この手順が必要なのは、Intel ベースの CPU が搭載されたコンピューターのみです。
必要なコンポーネントのダウンロードが完了したら、HAXM をインストールしてください。<Android SDK のインストールディレクトリー>/Extras/Intel/Hardware_Acelerated_Execution_Manager ディレクトリーを開き、intelhaxm-android.exe インストーラーを実行して、表示される手順に従います。
イメージ:31712.png
この構成を使用することで、(コンピューターにデバイスが接続されている場合) Android アプリケーションをデバイス上で実行できます。
警告: HAXM は、Windows プラットフォームの Hyper-V 機能が無効になっていて、VT-x が BIOS で有効になっている Intel プロセッサでのみ動作します。
  • Hyper-V が無効かどうかを確認するには、 [ コントロール パネル ] > [ プログラム ] > [ Windows の機能の有効化または無効化 ]  を開き、ポップアップウィンドウで [ Hyper-V ] チェックボックスがオンになっているかどうかを確認します。
  • BIOS から Vt-x を有効にする方法についての詳細情報は、こちらを確認してください。

Android virtual devices (AVD)

デフォルトで、GeneXus は Android アプリケーションを初めて実行するときに、サポートされている Android バージョンで「Genexus-APIX-x86」(「X」は使用されている API バージョンの番号)と呼ばれる Android Virtual Device (AVD) を作成します (Android 7.0 の場合は24 など)。

Android API レベルに関する考慮事項

GeneXus 15 でサポートされている最小バージョンは API 16 (Android4.1) です。このAVDは、HAXM要件がインストールされていない場合、VT-x が無効な場合、また、Hyper-V が有効な場合に起動されます。

インストールされている Android AVD の確認

Android-SDK のディレクトリーにある AVD Manager プログラムを開きます。
イメージ:33749.png

他の AVD の実行

何らかの理由により Android の仮想デバイスでアプリケーションを実行する場合、Android SDK から一部の追加コンテンツをダウンロードする必要があります。Android の仮想デバイスを作成するには、必要なコンテンツをダウンロードしてインストールし、「Android Virtual Device の作成」に記載されている手順を実行します。
特定の Android バージョンを仮想デバイスとして実行する場合は、次に示す最小限の機能をダウンロードする必要があります。
  • SDK Platform
  • Android System Image 
たとえば、Android 5.1.1 (API 22) の仮想デバイスでアプリケーションを実行するには、下図に示すように、SDK Plattform のほか、API 22 の Android System Image をダウンロードする必要があります。
イメージ:32220.png
警告:
  • Intel ベースのコンピューターがない場合は、ARM EABI v7a System Image をダウンロードする必要があります。
  • Android SDK 25.3.0 では、Manager UI ツールの使用は推奨されていません。

インストールされている Android SDK の確認  

インストールされている Android SDK バージョンやサポートされている API レベルを確認するには、次の方法を実行できます:
  • 次のコマンドを実行し、インストールされているすべての API のリストを取得します:
C:\<Android_SDK_Installation_Directory>\Tools\android.bat list target
  • Windows の [ スタート ] メニューから SDK Manager を実行するか、または次のコマンドを実行します:
C:\<Android_SDK_Installation_Directory>\"SDK manager"
警告: これらのコンポーネントは、Android SDK 25.3.0 では使用できません。

ヒント

  • GeneXus セットアッププログラムは、64 ビット Windows の場合は "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Android SDK Tools"、32 ビット Windows の場合は "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Android SDK Tools" の Windows レジストリキーで Android SDK バージョンを検索します。
  • SDK のディレクトリーが見つかると、"Pkg.Revision=" プロパティが 23.0.2 であることを確認するために、"<Android SDK のインストールディレクトリー>\tools\source.properties" ファイルを検索します。

  • Intel processor を使用しており、HAXM インストーラーが次のエラーを生成する場合: 
    イメージ:31576.png
    Vt-x (Virtualization) が BIOS で有効になっており、HyperV がインストールされていないことを確認する必要があります。 
     
  • Parallels を使用して Windows 仮想マシンで GeneXus を実行する場合は、使用する Android SDK をホストマシンやモデルディレクトリーに配置しないでください。Android Gradle プラグインではこの構成がサポートされておらず、コンパイル中に想定外の動作が発生する可能性があります (マシンが動作しなくなる可能性があります)。

ハードウェア要件

上記のとおり、Android SDK では、ディスクに3GB以上の空き容量が必要です。 
コンパイルには、既定で2GB の RAM が必要です。この値は、 [ Android specific ] プロパティで変更することが可能です。

関連ページ





サブページ
Created: 14/09/18 03:08 by Admin Last update: 17/11/12 23:07 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0