最近のアクセス:
カテゴリ:GeneXus X Evolution 2 の Java ジェネレーター
Java ジェネレーターを使うと、GeneXus X Evolution 2 を利用して Java アプリケーションを開発することができます。
次の強力な新機能が追加されました: GeneXus X Evolution 2 での Web アプリケーションの開発REST Web サービスクラウドでのプロトタイプ動的レポートSmartDevices ジェネレーターなど。
HTML 5 および CSS3 を使用して、GeneXus X Evolution 2 のJava ジェネレーターのユーザーエクスペリエンスを向上させるには、GeneXus X Evolution 2 での Web アプリケーションの開発 - ユーザーエクスペリエンスを参照してください。
実行時にレイアウトの外観を変更できるレポートを生成できます。
生成とコンパイルの時間が短縮されたため、プロトタイプ時の操作が快適になりました。
REST Web サービスを使用する相互運用の新機能が GeneXus X Evolution 2 バージョンに実装されました。
プロトタイプ時に Web サーバーにアプリケーションを簡単にデプロイするには、[ Deploy to Cloud ] プロパティを設定します。Amazon サーバーをベースとした、プロトタイプ用の Artech のクラウドへのデプロイを自動化できます。Java ジェネレーターが使用するクラウドの既定のサーバーは apps2.genexusx.com で、HTTP と HTTPS に対応しています。

Java ジェネレーターを使用するスマート デバイス アプリケーションの要件

  • REST Web サービスをコンパイル、実行するには、JDK 1.6 以上が必要です (外部ライブラリーとして jersey-core-1.4.jar を使用しているため、少なくとも JDK 1.6 が必要)。

ダウンロード




サブカテゴリ
サブページ
Created: 14/09/18 03:08 by Admin Last update: 15/01/09 02:01 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0