最近のアクセス:
[Base Style ] プロパティ (User Control オブジェクト)
User Control オブジェクトのベーススタイルを設定します。File オブジェクトとしてナレッジベースに追加されている UI 設計定義を含むすべてのライブラリ (ZIP ファイル) から選択することができます。

Default この User Control オブジェクトに割り当てられているベーススタイルはありません。

説明

GeneXus で開発されたアプリケーションに統合できる Web デザインの素材をオンラインで入手できます。人気のある CSS フレームワークは、Javascript 開発フレームワーク (JQuery など) を補完するものです。CSS フレームワークを使用することで、アプリケーションをより魅力的なものにすることができます。
CSS フレームワークではさまざまなウィジェット、コンポジション、ソースなどが提供されます。
よく使用されるものは次のとおりです:
  • Bulma.io
  • Bootstrap
  • SemanticUI
  • Pure.css
  • Kube
  • Materialize

ベースライブラリとは

ベースライブラリは、CSS フレームワークを使用する外部リソースです。たとえば次のものがあります: Semantic UI、Bootstrap など。
ベースライブラリは、GeneXus でグローバルにインストールされる外部 CSS/JS/Assets ファイルです。

ナレッジベース内に新しいベースライブラリを作成する方法

ベースライブラリを作成するには、最初に必要なすべてのファイル (CSS、JS など) を zip ファイルに圧縮し、拡張子 .gxlibrary で保存します。
次に、新しい File オブジェクトを作成してベースライブラリのアップロードパスを指定することで、そのベースライブラリをナレッジベースに含めることができます。
これで、このプロパティで作成したライブラリを選択できるようになります。
ナレッジベースには複数のライブラリを含めることができますが、一貫性を維持するため、異なるオブジェクトにも同じベーススタイルを使用することをお勧めします。

注:

1) リソースに単に外部参照を追加する場合は、ライブラリ内に参照ファイルを作成します。このファイルの各行が参照と見なされます。
たとえば、次の内容で glue.references を追加します:
ace.js
ace.css
つまり、Theme または User Control でベースライブラリが使用されるときに、GeneXus はこれらのファイルへの参照を追加します。
2) User Control オブジェクトを作成して [ Base Style ] プロパティを None に設定すると、外観が損なわれます。 

実行時/設計時

このプロパティは設計時にのみ適用されます。

使用可能バージョン

このプロパティは GeneXus 16 以降で利用できます。

適用範囲

オブジェクト: User Control
対応しているプラットフォーム: Web (.NET、Java)


サブページ
Created: 20/01/08 20:09 by Admin Last update: 20/01/09 17:05 by Admin
カテゴリ
Powered by GXwiki 3.0